読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dailyscape Fragments

今は「ユーリ!!! on ice」の話ばかり。普段はお笑いやフィギュアスケートの話など。ちらかっててごめん。

Twitter ID: saenishi

浅田真央選手の集大成をお見逃しなく

フィギュア
報道で、他にも点数高くて金メダル候補の選手はたくさんいるのでは、と感じているかもしれません。実際素晴らしい選手もたくさんいる。
 
他に好きな選手はたくさんいるけど、やはり浅田真央選手の凄さは圧倒的だと思う。
 
バンクーバー五輪の時に書きましたが、浅田選手の点数は実力の割になかなか伸びないのです。
具体的には、ジャンプ・スピン・ステップといったエレメンツに対する加点(GOE)と演技構成点(PCS)が低い。
 
私は採点の方がおかしいんじゃないかと思うけど、浅田選手は正面から突破を目指してきました。
 
加点がもらえないなら、圧倒的な質を目指して一からスケートを見直す。
演技構成点が伸びないなら、それぞれの要素をひとつずつ見直す。
得点をもらえている選手がジャンプの飛距離・流れを評価されていることから、より正しいスケーティングでスピードを出すことを試みた。
 
正直あれだけの要素を盛り込んでるプログラムでスピードが少し落ちるくらい、総合してプラスにすべきではと思うけど、とにかく彼女は真っ正面から挑む。
 
現在彼女の点数がどうなってるかは別に書くとして。
 
彼女は今後出てくるかはわからないレベルの、歴史に残るスケーターだと思う。
 
それでもバンクーバー五輪の頃私はこう思っていた。
彼女は音楽を着実にとらえた動きをしているし、振付を正確に演技している。
でも、それゆえに、特にステップあたりはあまりに超絶技巧すぎて「決まった振付を懸命にやっている」という印象も正直ある、と。
 
しかしバンクーバー以降、年を追うごとに演技が彼女の内面と調和しているように感じる。
今季のショートプログラムノクターン」も「ラフマニノフピアノ協奏曲第二番」は、もうまるで、彼女のために作られたかのように聴こえる。
 
もしもバンクーバーの浅田選手の演技があまり好きではなかったという人がいても、今の演技を是非みてほしいです。
 
バンクーバー時点では超絶技巧だったステップは、今も変わらない難解ぶりだ。しかし、それはもう「振付をやっている」とは感じさせず、浅田真央から湧き出る演技になってる。彼女が音楽を操っているかのようだ。
かつてタラソワが「乗り越えろ」と与えた課題を今や彼女は完全に自分の武器にした。
 
個人的には「ノクターン」が本当に絶品だと思う。
曲が流れると、花がほころぶかのような笑顔。そしてまるでバレエのような優雅さが、手先の小さな所作にまで溢れる。
そこに、どの選手をも上回る技術構成を入れながら舞う。
 
ちなみにこのショートプログラムは個人戦の前に団体戦で披露される見込みです(大人の事情でメンバーの公式発表は直前ですが)。お見逃しなく。
 
そして彼女のスケート人生集大成となるフリーのラフマニノフ
冒頭のトリプルアクセルの成否は彼女に取っても大きなものだけど、曲が終わるその瞬間まで、観客を魅了してやまないだろう。
 
彼女が四年間、過去の雪辱を果たしたいと努力したことは多く報道されてる。彼女が人間的に素晴らしいことは言うまでもない。
 
でもあえて言おう。
そういう苦労話より、彼女の演技そのものを見てほしい。
何故ならフィギュア史最高峰の演技だから。
 
もちろん他の素晴らしい選手もみてほしいけど、浅田選手だけは見逃さないでほしいのでした。