読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dailyscape Fragments

今は「ユーリ!!! on ice」の話ばかり。普段はお笑いやフィギュアスケートの話など。ちらかっててごめん。

Twitter ID: saenishi

リアルを凌駕しそうなオリジナル楽曲たち。#ユーリオンアイス #yurionice

ユーリ!!! on ice ユーリ!!! on ice

前回書いた、「アニメだからこその省略が逆に付加価値を生んだ」話の派生で、作中の音楽の話を。

ユーリ、音楽がなんかもう全般的に素晴らしいんですよ。

作中の競技プログラムで使われる曲は、ごく一部を除いてほぼ、オリジナル。
「ユーリ」のために書き下ろされているんですよね。もうこれだけでびっくりなんだけど、全曲クオリティがものすごく高い!
クラシックや、実際の使われてる定番曲を使う方が許可はいるとしてもずっと簡単。でもそうしていたら、デメリットもあったと思うんだよね。たとえばど定番の「ロミオとジュリエット」をやったらリアルのファンが「ロミジュリだったら◯◯選手の方がいいよ」!となってしまい、作品中で「すごい」ことにしづらくなる。「いかにも使われそうな、でも違う曲」を、こんなハイクオリティで用意してくれたのは大英断…。アメィジング!

 

一番好きな勇利のFP曲は好きすぎてもう死にそう。正直な話、リアルのフィギュアスケートの曲でもこんなに好きだなって思う曲ないかも。この曲については語ると長くなるのでちょっと今回は置いときます。

第1滑走で最初に出てくるプログラムは『アリア 離れずにそばにいて』。これがまあ壮大で…リアル世界で言うと『トゥーランドット』みたいな大曲。
私オペラとか全く詳しくないので「この曲は有名なオペラの曲でね」って言われたら「やっぱりねー分かる気がする」とか言っちゃう。

本物の『トゥーランドット』昔から有名で、しかもテレビ朝日GPシリーズのオープニングで使われているから、正直ちょっと飽きてて…(私だけですかね…)でも、素晴らしい曲だし大勢のスケーターが使いたい気持ちはわかる。
そこに「トゥーランドット並みに壮大な曲だけどまだ誰も滑ったことがない曲」が現れたわけです。

しかも、クラシックを競技時間に合わせて編集したものじゃなくて、最初からちょうどいい長さ、長さにあった盛り上がり方に作曲アレンジされている!
「唯一無二のリビングレジェンド」が完成しますよそれは。

第2~3滑走では、勇利とユリオが同じ曲『愛について』を異なる二つのアレンジ「Eros」「Agape」でそれぞれ滑るという凝りっぷり!
これがまた、よく出来てて!
聖歌隊のコーラスを思わせるイノセントな「Agape」はまさに「限られた期間の容姿」のスケーターに相応しく。
フラメンコっぽい「Eros」は、テーマは「Sexial Love」なんだけど曲自体はすごく包容力があり、リビングレジェンドが踊ってガールズ鼻血必至のプログラムにもなれば、勇利のように物語を紡ぎつつ清楚なお色気プログラムにもできる。
リアルでは、2014/15シーズンの村上佳菜子選手がSPフリーとも『オペラ座の怪人』からの曲だったり、今季浅田真央選手がSPとフリーで『Ritual Dance』の別アレンジを滑ったのが記憶に新しいですが、全く違う印象の曲に仕上がっている「Eros」「Agape」は一層鮮烈。このアイデア、作品前半の大きな根幹に関わることから、着想は大分早い段階だったんじゃないかな。作り手側は今季の浅田選手選曲に驚いてたのでは。
ちなみにこういう「リアルとの偶然」がものすごく多いのもこの「ユーリ」の特徴。これはほんと、ハンパないフィギュア愛から来るんだと思う。今後もちょいちょい紹介したい。

GPシリーズが始まると、各選手にぴったりのバラエティに富んだプログラム曲が目白押し!

ユリオフリーの『ピアノ協奏曲 ロ短調 アレグロ・アパッショナート」は、全エレメンツ自信がないと絶対滑れない、超えるべき、そびえ立つ壁のような曲。リアルだとラフマニノフのピアコン2番みたいな位置づけ?いやもっと激しい?
疾走するピアノ、襲い掛かるような迫力のオーケストラ。フェンス越えそうな高いジャンプ、加点ばりばりもらえる高難度の高速スピンが曲聴くだけで浮かぶ。しかし中盤はゆったりとした優雅さもあり「この曲滑るならスケーティングでも魅せられるよねもちろん?」と挑発されるような。

これジュニア上がりたてぐらいのヴィクトル滑ってないかなー(完全にただの希望)

「っぽさ」でいうとピチットくんの『Shall We Skate? ~ミュージカル映画 「王様とスケーター」より~』。
いかにも何かの映画の音楽っぽい!そして「踊ろうよ!」という歌に相応しいディズニー感!
これ、試合会場で初めて聴いても「あっ手拍子すべき曲」ってわかるキャッチーさがすごい。
ちなみに「王様とスケーター」は映画あらすじまであるようです。
原案久保ミツロウさんツイートより。

 んー、キリがないー。
プログラム曲コレクション「スケトラ!」は以下の通りですが、Apple Musicにもあったよー。ちなみに「スケトラ!」はアニメOPとED入ってないんだよね。その割に結構売れてて嬉しい。さもありなん。


 

今回はこの辺で!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村