読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dailyscape Fragments

今は「ユーリ!!! on ice」の話ばかり。普段はお笑いやフィギュアスケートの話など。ちらかっててごめん。

Twitter ID: saenishi

世界ランキング(World Standings)を考えてみた その2 #ユーリオンアイス #yurionice

ユーリ!!! on ice

前回の続き、世界ランキングについてです。前回の表をちょっとアップデート。後続はまだ埋まらないけど、けっこう意外なことも見えてきた。

前回書き忘れましたが、もうひとつ前提。
・GPシリーズのSP滑走順は、前年の世界ランキング(以下、World Standings=WSと表記します)の低い順。
リアルでは2015/16までの方式ですが「ユーリ」界はこの方式のようなので。

つまりJJとユリオの2016GPロシア滑走順からすると、2015/16シーズンのWSはJJが上。

ユリオは2014/2015がジュニアデビューシーズン。なのでGPS&GPFの2nd best、つまりジュニアGPシリーズを推測すれば前年ポイントが出ますね。タイトル総なめってぐらいだから、各年どっちかは1位だろうと推測。
そうすると2200ptとなるほどアイスタイガー(自称)な高得点。

JJは、2015/16シーズンを単純に足すだけで1888ptなので、これに313以上上乗せすればよいことになる。過去2年に313ptは確実に取ってるだろう、と推測するとWSはユリオより上になる。
内訳はわからないけど、
・今年度「新勢力」と言われている
・若い頃はレオ君コーチ(リアル選手ジェイソンブラウンの振付師ロヒーンさんに似てる女性)やチャオチャオと組むも上手くいかなくて苦労していた
ので、そこまで活躍してないと推測。

ということで前回の表を更新してみた。

 

f:id:saenishi:20170228013337p:plain


オタベックは材料が少ないのでちょっと置いときますが、2016ワールド3位なのである程度上の方、ユリオやJJと同じくらいと思われます。

そして、これ以下の順位はなかなか難しい…

とりあえず滑走順=前年WSを考えてみる。あ、間のモブ選手はさくっと無視しまーす。

2016GP中国滑走順を振り返る

ピチット君は第一グループ、1番滑走。
グァンホンがその後で、やはり第一グループ。
第一グループの最終滑走が勇利。

#今第6話見直して気づいたけど、勇利を見守る第二グループ勢に色白で髪がライトブラウンのモブ選手がいますね。後ろにいるグレーのダウンコートの人はアジア系っぽいけど彼のコーチだろうか。

第二グループは、ポポ→レオの順。しかしSPの得点は、ポポ98.17、レオ87.98。どっちもキスクラで喜んでるので、PBと出てないけどそれに近い点なのかな。
ポポさんは3A、4S、3Lz+3T*1とジャンプ構成は結構高め。
レオ君のSPはアメリカ大会よりブラッシュアップされている…とあるけど、クワドはなく、3A、3F+3T、3Lz。
実力だとポポさんが上だけど、前年WSはレオくんが上だったようです。

とはいえ第1戦アメリカ大会はレベル低めだったね。優勝したレオ君がどんなにフリーよくても、クワドなしだから限界がある。シニアデビューしたグァンホンが3位だし。2位のオタベックはあまりいい出来じゃなかったと思われる。

2016GPロシア滑走順を振り返る

第一グループはスンギル、エミル、ミケーレの順。
勇利は第二グループ。
ちなみに前後しましたが、第二グループが勇利、ユリオ(、JJ)という滑走順なので、前年WSは勇利よりユリオが上。そして2016/17シーズンも今のところユリオが上なので、GPF終了時点のWSはユリオが上。

前年WS順

並べると、
レオ→ポポ→勇利→ミケーレ→エミル→スンギル
これと別に
グァンホン→ピチット
になりそうです。
ピチット君2016四大陸表彰台なのに意外!
そしてグァンホン、昨年ジュニアでは結構頑張ってた?ジュニアシーズン最後2年、ずっとユリオが上にいたけど、一緒に表彰台乗ってたのかなあ。

ユリオよりグァンホンの方が年上だけど、お互いどう思ってたんだろう。

続く!

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【全巻購入特典対象】ユーリ!!! on ICE 5【Blu-ray】 [ 豊永利行 ]
価格:6804円(税込、送料無料) (2017/1/30時点)


 

 

*1:テレビ放送版では3Lz+3Loって解説で、ロシア大会でのミケーレ解説と矛盾してましたが円盤では3Lz+3Tに修正されてたのでこちらを採用します